読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

野球監督の采配勝利の方程式

派手に練習をしなくても理論と個人の力を存分に発揮すれば、負けないチームすなわち勝つチームができます。そんな方法の1つを伝えていきます。

ゴロを打つ方法と狙い球

ゴロを意図的に打つことは結構難しい。場面によって必ずゴロでなければならない時やエラー・ヒットを重ねたい時は絶対にゴロが有効です。

何点かポイントがあります。
・ダウンスイングでないこと
・レベルスイングであること
・ヘッドが下がってないこと
・身体が開いてないこと
・低めの球を狙うこと

など。結構当たり前のことですが、普段から練習していないとできないことばかりです。

よく指導で間違いなのが「叩きつけろ」「ダウンスイングしろ」これはかなりの確率で失敗します。

まず、ゴロになる理由を説明すると、ボールの上面にバットの下面が当たることが必須条件です。そのことを考えるとあえてボールの下面に潜り込むダウンスイングはポップフライやライナーの危険性があります。

では現実問題、技術が伴わない選手に対してどのようなアドバイスをすればよいか。

「ゴロが欲しい!低めの球をねらえ」

これで、ボールの上面にヒットする確率が増えます。

たいていの選手がフライを打ち上げるのはヘッドが下がっているからだと言えますが、プロでもこれはうまくいかない高等手段ですので、もしフライを上げたのならその理由をちゃんと説明してあげることが大切だと思います。

 

少年野球 絶対!  勝てる、うまくなる!

少年野球 絶対! 勝てる、うまくなる!