読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

野球監督の采配勝利の方程式

派手に練習をしなくても理論と個人の力を存分に発揮すれば、負けないチームすなわち勝つチームができます。そんな方法の1つを伝えていきます。

ノックのやり方

内野手

コーチによってはめちゃくちゃ速い打球を飛ばしている方はいないだろうか。それは完全な間違いです。
基本的にはバックスピンで死んだゴロを打つことが大切。死んだ球を打つためには木製のバットを使うことも方法でしょう。

なぜ、死んだ球なのかというと、基本姿勢を身につける為。守備は姿勢が大切なので、速い打球では姿勢まで意識がいかないのが事実。まずは、捕球。
送球練習については別途記事を書くことにします。

 

 ●外野手編
内野同等にバックスピンの打球を打つことを心がける。下手に上げようとすると、無回転やトップスピンがかかるので、フライやゴロについてはバットの上っ面をボールがかすめる意識で打つと良い。

さらに落下予測を高めるために前後左右の揺さぶりは必要になってくる。なので意外とノッカーは難しい。
ひとつの練習方法として、打球を見ながら走ることをやめさせる為に、捕球できなくても良いから落下地点まで全力で走ってみるという方法もある。

プロの名手はやはり守備範囲が広い。それは、足が速いだけではなく、予測が上手いとかんがえられる。

難しい球を練習するのではなく、簡単な球を確実に取れる練習をすることが大切です。