読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

野球監督の采配勝利の方程式

派手に練習をしなくても理論と個人の力を存分に発揮すれば、負けないチームすなわち勝つチームができます。そんな方法の1つを伝えていきます。

バッティングは「手」で打つ~「下半身」ではない

「小手先でやるな~(●`ε´●)」っという野球指導はよくある話で野球スポーツ全般では正しい表現だと思う。

しかし、バッティングに関しては必ずしもそうとは言えない。特に身体も技術も伴っていない選手に対して下半身で打てと言っても効果はない。

球が来て一番最初に動くのは手。グリップである。


東京ヤクルトスワローズ 川端慎吾

下半身で打とうとしたら必ず下半身が先行し、開いたフォームになってしまう。
だから、高等技術選手は椅子に座ってティーバッティングを行ったりして、バットの軌道修正を行う。

ボールに力を加えるのは、一番接触点から近い腕や手。

だから、まずはバットの軌道を正しいものにしなければ強い打球を打とうとしても無理。
下半身が最強なレスラーがバッティングをしても芯に当たり角度がつかなければ遠くへ飛ばせない。

まずはバット軌道を治そう。それから下半身。

ここまで手のことについて記述したが、下半身も次に重要な要素であることは間違いない。

人間最強の筋肉であるハムストリングスと背筋は爆発的な力を生む。
ヘッドスピードが最高点に達した時に、その力をボールに加える事ができれば、打球速度の速いボールを打てる。

また、片方の足で力を生むのと同時にストップをかける(開かないようにする)ことも最強の筋肉ならばできる技である。

まとめると、技術力や身体的に発展していない選手にはバットの軌道をしっかりと身につける必要がある。

ぜひ、手で打つことを意識してほしい。