読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

野球監督の采配勝利の方程式

派手に練習をしなくても理論と個人の力を存分に発揮すれば、負けないチームすなわち勝つチームができます。そんな方法の1つを伝えていきます。

成長期のトレーニング方法

練習 采配

中学生になって15センチも身長が伸びたなど身体的に発達途中の選手は非常に怪我をしやすいです。昔の選手はそのような中、ハードトレーニングを重ねて怪我に苦しむことが多かったです。最近の選手は180センチ以上の大柄が揃ってきているのも練習方法の変化に伴って、今までは埋もれていた選手が活躍できるようになっています。

最も有名なのが鉄球を投げる練習やうさぎ跳びなど、リスクの高い古典的な練習方法によって無意味に故障します。

余談ですが、ダルビッシュ選手は東北高校時代に別メニューを組んで練習をしていました。それは、ハードワークから離れて基礎トレーニングと技術トレーニングに専念する為でした。

古典的な練習の最も偉大な部分は精神力の強化でしょう。そのためにこの21世紀には古い練習方法が数多くあります。

精神力の強化については別途記載しますが、怪我なく小学校から高校大学社会人までかかさず練習をするほうがよっぽど効率的です。

成長期には別メニュー特に古典的な練習方法から外して、ダルビッシュのようなメニューに組み替える必要があると考えます。

逆を言えば、絶対参加の全体練習において過度なフィジカルトレーニングは避けた方が良いでしょう。楽して勝つことは難しくはないです。