読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

野球監督の采配勝利の方程式

派手に練習をしなくても理論と個人の力を存分に発揮すれば、負けないチームすなわち勝つチームができます。そんな方法の1つを伝えていきます。

アッパースイングは構わない!~ゴロの打ち方~

打者 道具 練習

よく巷で言われるのが、ボールを上から叩けという言葉。確かに間違いではない。ポップフライをあげるよりも、ゴロほ方がヒットゾーンとエラー率も高くなります。

要するに バットの下面をボールの上面に当てれば良いだけの話です

だからダウンスイングになるとボールの下面を狙うことになり、ポップフライやバックスピン回転のカンタンな内野ゴロにつながる可能性が高まります。

日本人の選手は大概ダウンスイングを目指しているので、目標はレベルスイングでアッパースイングを目指しても構わないでしょう。むしろ、練習すべきはTバッティングでわざとフライを上げる練習。これは長距離ヒッターにとってはとても良い方法だと思います。

Tバッティングでネットの下の棒にガツンガツン当てる選手にはフライの方がちょうど良いので、個々の選手の特徴に合わせて指導を変えていくのもひとつの手だと思います。

 

何もかもバッティングの微調整はフリー打撃ではなくTバッティングで調整していきましょう。それからフリーや実践に入っていくのが形を整えやすいです。