読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

野球監督の采配勝利の方程式

派手に練習をしなくても理論と個人の力を存分に発揮すれば、負けないチームすなわち勝つチームができます。そんな方法の1つを伝えていきます。

ノックバットの選び方~ノックの打ち方~

軟式・硬式問わず、ノックバットは

木製

が良いです!

なぜなら、ノックというのは厳しい球をさばく練習ではなく、単純なゴロを丁寧に送球まで完全に整えて行う行為だからです。

よくあるのが、金属バットでガンガン速い打球を打つことを練習しているチームはないでしょうか。きっと試合で飛んでくる打球を想定しているのだと思いますが、試合ではめったに来ないです。また、平凡なゴロを100%近く正確に処理する方がアウトを取る確率が格段に上がります。

また、捕球だけにとどまらず、送球にも意識がいきます。

打球の質



では、どのような打球を打てば良いのでしょうか。基本はバックスピンです。地面を高く単純に弾みやすい打球を打ちます。トップスピン打球ではゴロが低い弾道になり、
①ボールの落ち際
②ボールの跳ね際
がわかりにくくなります。
もちろん、外野フライの練習も同じです。バックスピンが正しいといえます。パワーヒッターでない限りトップスピンの外野フライなんてこないでしょう。

飛ばす場所



基本は正面またはファーストよりの打球を打ちます。その方が送球をし易いので、捕球→送球の確実な練習ができます。
ただ、試合では逆球も少なくないです。その補填練習としては軽い逆方向の打球を打ちます。その時、注意して置かなければならないのは、
身体・グラブの可動域や正面に入ることです。
よく昔は絶対身体を正面に寄せて前にこぼす練習をしていました。
しかし、最近では送球のしにくさから、逆ハンドで取る練習も増えてきています。身体をなるべく正面に入れて逆ハンドで取って素早く、右手を右耳に近づける。これが、タイムを速くするコツです。