読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

野球監督の采配勝利の方程式

派手に練習をしなくても理論と個人の力を存分に発揮すれば、負けないチームすなわち勝つチームができます。そんな方法の1つを伝えていきます。

風の強い日に弱いピッチャーの特徴

投手 練習 起用方法 采配

ピッチャーだけに限らない話ですが、風の強い日はアマチュアピッチャーはかなり影響を受けやすいです。
指導者からは「下半身の強化不足」とまとめられてしまいます。

なぜなら片足立ちした時に、フラついてコントロールが定まらないから。

しかし、それは単に下半身の筋力不足と言うわけではありません。

むしろ、体幹のバランス力不足」

という方が正しいでしょう。道具を使わずにまずは、以下のことを試してみて下さい。

①投球フォームの時に片足立ちになると思うのですが、その姿勢を目を閉じて、何分できるか試して下さい。
②ちょっとだけ揺らして下さい(人差し指でちょんと押すだけでいいです)

大概の選手はできません。安定しないのです。筋力の問題ではないです。

練習方法



ともかく体幹トレーニングを実施しましょう。私から紹介するのは確実に効果を上げて、なおかつ、家でもできる。しかも楽。

バランスボード(片足タイプ)の上に
●片足立ちを永遠行う。
●軽い屈伸をする
●投球フォローを取ってみる

この3点だけで格段に違いが見えてきます。

ただ、この練習の最大の苦痛は毎日やらなければならないことです。

苦痛の対策



TVを見ながらやりましょう!動画ストリーミングアプリを使ってもいいと思います。
音楽を聴きながらやりましょう。

ただ、集中はしてください。転んで怪我になりますので。

今回紹介したもの