読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

野球監督の采配勝利の方程式

派手に練習をしなくても理論と個人の力を存分に発揮すれば、負けないチームすなわち勝つチームができます。そんな方法の1つを伝えていきます。

1点も取られてはいけない長打警戒ポジショニング

はじめに

3-2で勝っていたとしよう。相手は強豪チーム。この場面1点も与えてはいけない状況だとしよう。

長打コースとは

塁線上を抜ける2ベースヒットと外野の間を抜ける2ベースヒットがある。アマチュアでは少ないがホームランも警戒のひとつだ。

防げる長打

まず、塁線上の2ベースはあ1.3塁手がライン上に近いところに守ることで防げる。

さらに、外野の間を抜けるヒットをシングルヒットにするには外野を後ろに守らせる手もある。これで大概の長打は防げるのではないだろうか。

防げない長打

想像できますか?エラー。その中でも送球エラーは確実に2ベースになります。単純なエラーよりも精神的にダメージが大きい送球エラーは確実に止めなければなりません。だから、この場面では無理にアウトを取ることはありません。確実さが求められます。

つねにタイムを測っていれば、なんとなく掴めるでしょう。

↓ストップウォッチによる練習効果を以前書きました↓

www.katsuzo.com

 また、送球に関しても常にネットピッチなどでリリースの確認をする必要があります。これは1戸建てのお宅なら十分に練習できると思います。素振りよりも効果的です。

 

↓ネットピッチに関する過去の記事です↓

www.katsuzo.com

 まとめ

打たれることは仕方がないと割りきったうえで、長打になるパターンを考えて、アウトをとるのか、連打を防ぐのか、これは監督の指示によるものです。サインなど決めても良いでしょう。