読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

野球監督の采配勝利の方程式

派手に練習をしなくても理論と個人の力を存分に発揮すれば、負けないチームすなわち勝つチームができます。そんな方法の1つを伝えていきます。

硬式野球ではバットを完全に振りぬくことが大切

打者 練習

金属バットってなんであんなに反則なんでしょう。本当に飛びます。飛ばないと思っている方がいるとすれば、なんらかの過ちを犯しているはずです。そこを改善していきましょう。

 

はじめに

物理の時間ではないですが、バットの重さ(打ち負けない)のとヘッドスピードどちらを重きにおいて練習すればいいでしょうか。

答えはヘッドスピードです。

 

飛ばない人の典型例

当てに行って芯を外す。これが最悪なパターンです。金属バットは非常に優位性があるので、芯を外れたところで、ヘッドスピードがあれば、簡単に内野の頭を超えます。

 

つまり、いつものスイングを振りぬき、空振りでもいいじゃないですか。右投手のシュート系の球をどん詰まりしても振りぬけば超えます。

 

振りぬくことの大変さ

人は芯に当てて飛ばそうとする反射神経が身についています。しかし、2年生あたりでそれは払拭してください。何が何でも振りぬくことが大切です。バットを平面に出すより、左肘を閉じて壁をつくり、ヘッドスピードを徹底的に上げ、振りぬく。これはかなり難儀です。しかし、練習すれば可能です。

 

練習方法

つまってもいい意識を持つためにはティーバッティングです。近めに速い球を投げてもらい普通にスイング。あまり数をこなすと、詰まる癖がつくので要注意。意外と飛びます。

基本的に意識やテクニカルな部分はティで行いましょう。フリー打撃は99%スイングで逆方向に引っ張ります。

 

プロやメジャーの選手の真似をする

スポーツは真似事です。さらに付加価値がつけばそれは、上達を意味します。

ともかく研究してください。プロのフォームと自分のフォーム(わからなければビデオ撮影)ビデオ撮影に関しては前の記事で書きましたので参考にして下さい。

 

www.katsuzo.com

 

真似事を自分のものにしてぜひ付加価値をつけて下さい。