読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

野球監督の采配勝利の方程式

派手に練習をしなくても理論と個人の力を存分に発揮すれば、負けないチームすなわち勝つチームができます。そんな方法の1つを伝えていきます。

シュート回転のストレートは悪くない

日本人の投手はキレイな回転のストレートを徹底的に叩き込まれると思います。確かにキレイなストレートは観ていても投げる側も充実感を感じるでしょう。

では、なぜシュート回転の球は指導者から嫌われるのか。

ただの先入観

元々、シュート回転のストレートがなぜ指導現場でNGなのか

身体が開いている投手に多い症状だから

ただそれだけです。

グングン押していけるシュート回転のボールを投げる投手であれば全然OKでしょう。ただ、自分がシュートする癖があることは認知しておくべきです。

それは、2ストライクを追い込んだ後外角へのストレートが内に入るからです。力が入ればそれだけ真ん中へ集中します。気をつけるのはそれだけ。

問題は身体が開いているかどうか

特に野手あがりの指導者に多い、指導法のひとつです。打者として逆の立場になれば、ベンチへ返って「相手はシュート回転!打ちやすいぞ!」なんて言わないと思います。

スライダー回転については後々触れたいと思います。スライダー回転はちょっと根深い問題点がありますので、保留。

ゴルフと近いですが、スライス(シュート)にはぜひ嫌悪感を覚えないでください。

【回転が顕著に分かる方法】

テニスボールを持ち、ホームベースに立ってセカンドへ送球してみてください。風のない時と肩に不安がない状態で行えば、回転が軌道にもろに伝わるテニスボールなら早速分かります。

ぜひ実践してみてください。

 

ピッチングの正体

ピッチングの正体

 

 

http://ping.blogmura.com/xmlrpc/n8y89a1x2vpo