読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

野球監督の采配勝利の方程式

派手に練習をしなくても理論と個人の力を存分に発揮すれば、負けないチームすなわち勝つチームができます。そんな方法の1つを伝えていきます。

野手は四死球を嫌がるな

投手 野手 采配

四死球がでるとテンションが下がってしまう野手はいないだろうか。リズムが悪くなるとか。このコメントはいえば言うだけ信じこんでしまう。

四死球なんぞはピッチャーやっていれば嫌なことだし、毎試合5個くらいは出すもの。普通の出来事なんです。

注意することは四死球を出した後のフォロー。投手が精神的に崩壊することが恐れるべきです。バント処理をミスしてしまったり。なので野手が一声かけて無理せずアウトを重ねることを伝えてあげましょう。

投手心理としては自分で出したランナーを無理してまでバント処理でフィルダースチョイスになるのが目に見えています。

ヒット打たれるのも四死球もただランナーが出るだけなので、野手側が嫌な思いすることは避けた方が良いでよう。ピッチャーは反省して下さい。

 

ピッチングメカニズムブック 理論編―ピッチングの仕組み

ピッチングメカニズムブック 理論編―ピッチングの仕組み

 
ピッチングメカニズムブック 改善編―ドリル&トレーニング

ピッチングメカニズムブック 改善編―ドリル&トレーニング