読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

野球監督の采配勝利の方程式

派手に練習をしなくても理論と個人の力を存分に発揮すれば、負けないチームすなわち勝つチームができます。そんな方法の1つを伝えていきます。

ウエストボール(釣り球)の使い方

2ストライク追い込んだあとに高めの速球を要求するチームがよくあるが、なんの為に行っているか考えたこと、実験したことはあるだろうか。

 

結論から言って  99%無意味

 

残りの1%は球速が速く縦の変化球を持っている投手となる。

 

ウエストボールを投げたいなら残りの1%に入らなければならない。が、実際そう簡単になれるわけもないので、特別な2ストライク追い込んだあとの配球をご紹介したい。

 

インコースのボール球【高低問わず】

これをズバシと投げれたら投球の幅が広がる。

 

特にアマチュアでは避ける行為がないとDBにはならないので、ガンガン多用すべきだろう。その後、落ちる球や外のスライダーで空振りをとりに行くのが利口だと思う。

 

ウエストボールを投げた結果は良い時は空振り、ポップフライ、高めに目が移る【そんなこと一切ありません】

悪い時は見逃し、真ん中に入って痛打。

 

リスクが高いボールは投げないようにしましょう!

 

ちなみに軟式ボールには検定球と検定落ちがあるのをごぞんじでしょうか?練習や試合で分けて使ってみてください!!